ARCHIVE

できる社会人がやっている!勉強のコツ3選

モチベーションを維持しよう

まずは目標をはっきりと決めることです。資格取得が目標であれば、いつまでに何の資格を取る、ということだけでなく、さらにその資格を取ることで実現できることも言葉にしておきます。成功した自分をはっきりと意識できるようになれば、怠けたい自分に打ち勝つこともできますよ。ただ合格する、だけではモチベーションが上がりませんから、それによって人生がどんなに良くなるのか、ということをできるだけ具体的に描くのがコツです。

長期スケジュールと短期スケジュールを決める

長期スケジュールを組む時には、かならず予備日を入れるのがポイントです。風邪をひいてしまった、急な仕事が入ったなど、毎日思い通りにいくとは限りません。まじめな方ほどきっちりスケジュールを立てたがりますが、これはむしろ失敗の原因です。遅れがいつまでたっても取り戻せないと、焦ったりやる気がそがれてしまうんです。予備日で上手に調整できればいつも「うまくいっている」と思えるので、楽しく学習を継続することができます。

スキマ時間の重要度を知る

限られた時間を使って勉強するわけですから、効率的に時間を使いたい、皆さんそう思うでしょう。毎日1時間勉強時間を確保してください、と言われれば、できるかな?と不安になるかもしれませんね。しかし、朝晩の通勤時間のうち15分、夜寝る前に30分、これだったらできるような気がしませんか。これでも合計は1時間。つまりスキマ時間を積み重ねることで勉強時間が捻出できるのです。仕事ができて忙しい人ほどやっているテクニックですね。

社労士の講座を利用することで、短期間のうちに労働法や社会保険に関する高度な知識を習得することができます。

大概の賠償に対応する火災保険と「おるすばん」のセルフサービス保険のユニークコラム

保険って?何となくしか知らないかもしれない火災保険

火災保険って何?と思った方もいますよね。人は生まれてから大人になるまでにおよそ20年以上の時を必要とします。すなわち、子どもの頃に賃貸住宅や家事のニュース・保険のことを耳にしていても、なんとなくそのままで大人になっているかもしれないということです。別の言い方をしますと「何気に勧められた保険に、義務だからという理由で加入している」シチュエーションもあります。この場合、必ずしもその保険をかけなくても良い場合もあるんですね。

火災保険は「ポピュラーな保険」

実質、保険って何?と要約していきますと、「過度に潔癖な現代社会はちょっとしたことでも賠償責任の話になる」というところで、物を大切にする日本人が「ちょっとしたことで賠償=余計にストレス」ともなってしまう側面がある中で、「誰もが入らなければならない」という空気が強要されている「実質的なもの」です。実質とは「それに従わないと人生が狂ってしまうかもしれない」ということで、精神的に自由なはずの現代人が不安とストレスに過度にとらわれてしまうのはおかしな話なのですが、それだけすごいものでもあるということです。特に火災保険は「付けておけば大概の賠償責任に対応できる」のです!

火災保険+お留守番にて「ホッとするライフ」

このように、「保険に入らない=自由」と捉える人もいますし、「保険=消費の自由」を定立させるのは空気的な意味で無理があるとも言えます。任意保険と言えども「法律で義務付けられている」と考えるのがベストで、例えば自転車保険の加入義務のある地域でも「個人賠償責任保険」とい別名にて火災保険に含まれているから現状のまま入っていましょうという風に言えます。その他いろいろと考慮すべき点はあるのですが「火事など損失を起こさない」皆がストレス小で幸せに暮らす社会にするためには、「ある程度インドアな生活の役割を引き受ける、お留守番的な役にまわる人が必要、大事にしましょう・安全の方を自ら選び取っていきましょう」という風な工夫が大事だと筆者は思いますよ。

火災保険の特約で対応できるトラブルに、階下への水漏れがあります。自室の家財保険と合わせれば、完璧な備えになります。

盲点!?実に多岐にわたる節税対策の実情とは

養子縁組による節税方法

養子縁組による節税効果とは、基礎控除額が増加します。相続人が1人増えることによって、基礎控除額が600万円増加し、生命保険に係る非課税枠が一人あたり500万円増加します。そして、相続人1人あたりが受け取る金員自体は減少するものの、税率区分が変遷し、税金は減少することもあります。もちろん、養子縁組に係る人数には、一定の制限が設けられています。実の子供が存在する場合には、養子は一人まで、いない場合には二人までです。

信託を利用した節税方法

土地信託制度とは、信託を利用した節税方法で、代表的なものです。土地の所有者と信託銀行との間の土地活用共同事業のことを示唆します。土地の所有者は、所有する土地を信託銀行へ預けますが、信託銀行は預かった土地を有用に活用し、結果生み出された利益を配分します。その土地に建物を建てたり、賃貸するなどして得た利益を、土地所有者に配分し支払います。信託が終了したのちに、土地は建物を含めて所有者へと返還されます。その土地には建物が建っていることから評価額が減少し、相続税の節税に資することとなります。

110万円の基礎控除額を応用した節税対策

贈与税は元旦から大晦日である12月31日までに得た財産のトータル額から基礎控除額である110万円を除した残額に対して発生します。取得財産合計から110万円を引いた金額に対して贈与税が課税されるものです。当然ながら、1年間に得た財産のトータルが110万円に満たなければ、贈与税は課されず、もちろん申告も要りません。かかる基礎控除は、人数ごとに認められているので、5人も子供がいれば、毎年、550万円ずつ財産を無税にて贈与し得ます。

相続税について頭を悩ませている方はとても多いです。相続の申告を税理士に相談すれば、書類作成などに応じてもらえますから頼りになります。

突然降りかかる相続の問題!困っているなら税理士に相談しよう!

相続の問題に直面したら

突然、身内や親戚が亡くなったために、相続の問題が発生することはよくあります。けれど、まったく心構えをしていなかった場合には、いきなり相続の問題が降りかかってきたように感じられます。しかも、相続税や遺産など、大きな金額が絡むケースは多々あります。そのために、身内や親戚との間に深刻な溝ができる危険性がありますよね。そのような状況を回避したいならば、実績が豊富で信頼できる税理士に相談する方法がおすすめです。

税理士に依頼するメリットとは何か

相続の問題が発生した時に、税理士に相談する方法は最適です。なぜなら、税理士はあらゆる税金や法律に詳しいので頼りになるからです。しかも、相続に関する問題に自信がある税理士ならば、信頼度が高まります。税理士事務所を閲覧する場合には、これまでの実績やプロフィールをチェックしましょう。尚、税理士は相続税の申告や書類作成のアドバイスも行ってくれますから、とても重宝されています。税務署に同行してもらうことも可能です。

税理士事務所を選ぶ決め手

相続の問題をただちに解決したいなら、税理士に相談しましょう。けれど、税理士事務所はたくさん存在していますから、慎重に選ぶことが大事です。まずは、税理士事務所の評判を調べる方法が有効です。口コミサイトには、実際に相続の問題を相談した方々による経験談が掲載されています。また、相談料が気になる場合には、ホームページの料金表をチェックすべきです。さらに、相談の見積もりや問い合わせは無料ですから、気軽に連絡してみましょう。

身内の不幸などで、平常心等保つのが難しい状況の中、相続税の申告納税等とても大変です。そのような中、とても頼りになるのが相続税の税理士です。


  Previous Page

- PAGE 2 OF 2 -

loading
×