話題のNISAを使った投資で上手に税金対策

日本でも始まったNISA口座での取引き

投資をする上で証券会社の口座を活用する必要がありますが、現在はNISAと呼ばれる新たな口座の利用が可能となりました。一人一つしか持つ事が出来ないため、証券会社の選定が必要ですが、税金対策をするためにもNISA口座をまず開設しましょう。NISAでは年間120万円の投資商品を購入した際の利益にかかる税金を免除出来ます。そのため、得た利益をそのまま受け取る事が出来ますので、120万円までの購入には必ずNISAを優先しましょう。

年間の投資計画を立てて運用

NISA口座は年間120万円までの金額しか投資が出来ないため、まずは年間を通しての投資計画を立てるところから始めましょう。単純に計算をすると毎月10万円までの投資が可能です。しかし、夏や冬のボーナスも投資に含む場合は、ボーナスを30万円、毎月の投資額を5万円等と設定をしてみましょう。毎月の投資額に応じた投資をするには、定額投資が可能な投資信託で毎月定額の投資を行うと良いでしょう。毎月投資先を決める必要がないため、簡単に資産運用が出来ます。

確定申告も必要がありません

NISA口座を使った投資をして得た利益は、確定申告をする必要がありません。毎年年末になると確定申告の時期となりますが、一般的な口座を利用している場合、利益の金額に応じて確定申告をする必要があります。手間がかかる確定申告から解放されるメリットがありますので、是非NISA口座の利用を検討してみましょう。税金が免除され、かつ確定申告も必要がありませんので、利用しない理由が見つからない事でしょう。各証券会社で簡単に口座開設が可能であり、開設後はすぐにでも利用が可能です。

ファンドの会社は数多く存在しています。投資に関心があるなら、それぞれの会社を見比べることが大事です。信頼度が高い会社を選んで取引を行いましょう。

loading
×