気楽に不動産投資!Jリートを扱った投資信託が便利

まず投資信託とは何なのか整理しよう

投資信託というのは、投資家から集めたお金を運用会社が運用していくタイプの商品を指します。この手法を使えば、一口数千円から有効な分散投資ができます。また、個人では手が出せないような高額な株やリートにも気楽に投資できるようになります。メリットが多いですから、色々なシーンで目にします。普通に上場している投資信託もあって、それはETFという名前で呼ばれています。ETFの中には、リートを扱ったものもあるのでチェックしてみましょう。

近年はJリートETFが大人気

リートというのは、不動産投資信託のことです。Jリートというのは、つまり日本の不動産に投資ができるタイプの投資信託のことです。オーストラリアリートのことは、Aリートと呼んでいます。現在、JリートもAリートもETFが存在しているので、誰でも気楽に購入することができるわけですね。最低購入価格は一万五千円ほどですから、非常に買いやすいと言えます。株式と同じぐらい人気が高く、まだまだこれから人気は上がっていくことが予想されています。

JリートETFのメリットとは?

リートは、基本的には株と債券の間に存在する金融商品だと言われています。株と債券のどちらとも違う値動きをするので、これを買っておくことはリスク低減にいいとされています。また、配当が非常に高い点も多くの投資家から愛されている理由でしょう。大体3%前後の配当が期待できますから、インカムゲインを重視する投資スタイルの人とは相性がいいです。しかも、将来的にどんどん値上がりしていく可能性も高いです。インカムゲインもキャピタルゲインも両方期待できる贅沢な金融商品だと言えます。

j リートとは、オフィスビルや商業施設などの不動産に投資し、賃貸収入や売買益を得る投資商品です。これを投資家に代わっておこなうのが、j リートのファンドです。

loading
×