大学は与えられる場ではなく、自ら学び社会に役立つものを研究する機関!

大学は浪費をする場所ではありません。

大学は学ぶだけではなく、自ら研究する場でもあります。今から20年ほど前までは、大学に入りたくても大学が少なく大学進学率は30%未満でしたが、今は大学を選ばなければ全ての者が入学できるほど定員に満たない大学が各地に存在しています。研究したものが社会で役立っている大学は、国公立大や一部私大に限られ、多くの大学では時間とお金を浪費することが目的になっています。大学卒だけの肩書では、これからの社会では通用しないことを自覚しなくてはなりません。

ネット社会に対応した勉強スタイル

勉強するだけなら、わざわざ通学する必要はなく、ネット環境が整っていたら、人里離れた場所でも勉強することはできます。大学は義務教育ではないので与えられて勉強する場ではなく、自ら目標に向かって勉強しなくてはなりません。目標を見つけるために大学へ入学するような暢気な者が、社会で必要とされることはありません。自らの信念に従ってタフに生きられる者でなくては、グローバル社会では対応できません。通学にかかる時間を勉強に当て、共同での研究が必要な場合はスクーリングで行うなど、ネット社会に対応した勉強を出来るのが通信制大学の強みです。

通信制大学では効率的に学ぶことができます。

通信制大学であれば毎日の通学が必要ないので、通学費・食事代・洋服代などが発生しないので、その分を勉強や研究に回すことができます。通信制大学であれば、自身のライフスタイルに合わせて勉強できるので、働きながら学士を得ることも可能です。ネットを通じての人間関係が密になっている今日、通信制大学だから人間関係の構築が出来ないということはなく、従来にはない新たな人間関係の構築が出来る魅力があります。過疎の地域では生活が困難と考えている方が多いですが、実際には過疎の地域ではいち早くネット環境を整え、都市部の生徒より優秀な学生を輩出しています。既に通信制高校では実績を残し、今後は通信制大学でも既存の大学を脅かす存在になることは間違いないでしょう。

通信制大学では主に自宅でテキストやインターネットなどを利用して学習します。通学制の大学よりも安価に卒業することができ、仕事や家庭を持っている人にも学びやすい環境になっています。

国語の教員免許を通信を調査
小学校教員免許を通信の他の記事
loading
×