大概の賠償に対応する火災保険と「おるすばん」のセルフサービス保険のユニークコラム

保険って?何となくしか知らないかもしれない火災保険

火災保険って何?と思った方もいますよね。人は生まれてから大人になるまでにおよそ20年以上の時を必要とします。すなわち、子どもの頃に賃貸住宅や家事のニュース・保険のことを耳にしていても、なんとなくそのままで大人になっているかもしれないということです。別の言い方をしますと「何気に勧められた保険に、義務だからという理由で加入している」シチュエーションもあります。この場合、必ずしもその保険をかけなくても良い場合もあるんですね。

火災保険は「ポピュラーな保険」

実質、保険って何?と要約していきますと、「過度に潔癖な現代社会はちょっとしたことでも賠償責任の話になる」というところで、物を大切にする日本人が「ちょっとしたことで賠償=余計にストレス」ともなってしまう側面がある中で、「誰もが入らなければならない」という空気が強要されている「実質的なもの」です。実質とは「それに従わないと人生が狂ってしまうかもしれない」ということで、精神的に自由なはずの現代人が不安とストレスに過度にとらわれてしまうのはおかしな話なのですが、それだけすごいものでもあるということです。特に火災保険は「付けておけば大概の賠償責任に対応できる」のです!

火災保険+お留守番にて「ホッとするライフ」

このように、「保険に入らない=自由」と捉える人もいますし、「保険=消費の自由」を定立させるのは空気的な意味で無理があるとも言えます。任意保険と言えども「法律で義務付けられている」と考えるのがベストで、例えば自転車保険の加入義務のある地域でも「個人賠償責任保険」とい別名にて火災保険に含まれているから現状のまま入っていましょうという風に言えます。その他いろいろと考慮すべき点はあるのですが「火事など損失を起こさない」皆がストレス小で幸せに暮らす社会にするためには、「ある程度インドアな生活の役割を引き受ける、お留守番的な役にまわる人が必要、大事にしましょう・安全の方を自ら選び取っていきましょう」という風な工夫が大事だと筆者は思いますよ。

火災保険の特約で対応できるトラブルに、階下への水漏れがあります。自室の家財保険と合わせれば、完璧な備えになります。

loading
×