盲点!?実に多岐にわたる節税対策の実情とは

養子縁組による節税方法

養子縁組による節税効果とは、基礎控除額が増加します。相続人が1人増えることによって、基礎控除額が600万円増加し、生命保険に係る非課税枠が一人あたり500万円増加します。そして、相続人1人あたりが受け取る金員自体は減少するものの、税率区分が変遷し、税金は減少することもあります。もちろん、養子縁組に係る人数には、一定の制限が設けられています。実の子供が存在する場合には、養子は一人まで、いない場合には二人までです。

信託を利用した節税方法

土地信託制度とは、信託を利用した節税方法で、代表的なものです。土地の所有者と信託銀行との間の土地活用共同事業のことを示唆します。土地の所有者は、所有する土地を信託銀行へ預けますが、信託銀行は預かった土地を有用に活用し、結果生み出された利益を配分します。その土地に建物を建てたり、賃貸するなどして得た利益を、土地所有者に配分し支払います。信託が終了したのちに、土地は建物を含めて所有者へと返還されます。その土地には建物が建っていることから評価額が減少し、相続税の節税に資することとなります。

110万円の基礎控除額を応用した節税対策

贈与税は元旦から大晦日である12月31日までに得た財産のトータル額から基礎控除額である110万円を除した残額に対して発生します。取得財産合計から110万円を引いた金額に対して贈与税が課税されるものです。当然ながら、1年間に得た財産のトータルが110万円に満たなければ、贈与税は課されず、もちろん申告も要りません。かかる基礎控除は、人数ごとに認められているので、5人も子供がいれば、毎年、550万円ずつ財産を無税にて贈与し得ます。

相続税について頭を悩ませている方はとても多いです。相続の申告を税理士に相談すれば、書類作成などに応じてもらえますから頼りになります。

loading
×